81image01




引用元スレ:平安時代の古文と江戸時代の古文って違うんか?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1488843014/


1: 名無し 2017/03/07(火)08:30:14 ID:eGq
1000年くらい違うし

2: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)08:38:05 ID:3H8
そりゃそうだろ
勉強しなかったのか?

4: 名無し 2017/03/07(火)08:41:14 ID:eGq
>>2
なんとなく違うっていうのはわかるんやけど具体的にどう違うかわからんのや

3: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)08:40:03 ID:kDY
平安時代の文学は主にボーイズラブで、江戸時代の文学は主に衆道やで

5: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)08:41:23 ID:v5v
江戸時代には口語は今とそんなに変わらなくなってたんだっけ

6: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)08:44:01 ID:0R9
平安時代から中世への過渡期に、係り結びの消滅、連体形が終止形にとって代わる、
「が」が主格を示す助詞として使われるようになる、
完了・過去を示す助動詞が「た」に一本化されるなどの大きな変化が起こったからである[1] [2] [3]。
すなわち、中世以降の言葉は、大雑把に括れば現代語と同じものと言えるのだ。
http://aynis.doorblog.jp/archives/20150719

だそうだぞ

7: 名無し 2017/03/07(火)08:47:17 ID:eGq
>>6
わざわざ調べてくれたんか
サンガツ

こうやって見るとかなり違うんやね

30: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)10:14:36 ID:XCU
>>7
このブロガー、よく勉強してるのは分かるんだけど論理が雑すぎる。誤認も多いし

31: 名無し 2017/03/07(火)10:35:10 ID:eGq
>>29
せやな

>>30
そうなん?

33: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)10:44:31 ID:XCU
>>31
すまん、このブロガーの
http://aynis.doorblog.jp/archives/20161016
上の記事に限った話やな

32: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)10:44:23 ID:0R9
>>30
そうなんや

8: 名無し 2017/03/07(火)08:50:37 ID:eGq
内川コピペの古文の奴は中世以前の奴ってことなのか

9: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)08:51:06 ID:0R9
あと発音も違ったよな
平安時代は「はひふへほ」が「ふぁふぃふふぇふぉ」
「さしすせそ」が「しゃししゅしぇしょ」
「お」と「を」とか「い」と「ゐ」とか「え」と「ゑ」も発音を区別してたらしい

11: 名無し 2017/03/07(火)08:55:03 ID:eGq
>>9
はえー
ワイの住んでるところは「お」と「を」の発音今でも区別してるって昔教師が言ってたな

41: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)11:57:27 ID:ge8
>>11
「を」を「ウォ」みたいに言うんやろ?

42: 名無し 2017/03/07(火)12:04:41 ID:eGq
>>41
せやねwoや

10: 名無し 2017/03/07(火)08:51:07 ID:eGq

前: 名無しさん@おーぷん 投稿日: 2015/08/20(木)01:26:00 ID:bx2
主なる横浜スタヂアムにて迎ひつる中日戰
先發三浦、多く點取られ、打線も勢ひなく、破れけり
スタヂアムに心寄する人の息嘯(おきそ)、いづかたよりか聞こゆる「今年は百たび負けなむ」なる聲
物言はず歸らむとする者のうち、先つ年首位打者なる内川、獨り長椅子にて泣きにけり
WBCにて得し榮冠、喜び、染み返り、さらに何よりも信ずべき輩(ともがら)……
いづれも今の横濱にてえ得まじ
「いかにかすべき……」内川、口惜しく涙を流してけり
如何ばかりか經む、内川、はたと目覺めぬ
何とやらん、泣き困(こう)じて眠りぬらむ、冷たき長椅子の心地に現(うつつ)に戻りつ
「さて、歸りて鍛ふべからむ」内川、苦り笑ひつつ獨りごちつ
立ち上がりて、體を伸ばすに、内川、きと心づきぬ

「あなや……? まらうとあり……?」
内川、長椅子より突き出でて目にしけるは、外の席まで埋め尽くさむとするまらうとなりけり
破(や)らむばかりに旗を振り、地鳴りのごとくベイスターズの應援歌響きてけり
内川、いかなるや知らずとておぼつかながりぬるも、覺ゆる聲聞こえぬ
「セイイチ、守備馴らしせむ。疾く行かむ」聲に顧(かへり)みれど、胸つぶれけり
「す……鈴木さま?」「何ぞ、アゴ? まどろみたるか?」
「こ……駒田コーチ?」「何ぞ、内川、自由に駒田さまを降りさするはあさまし」
「石井さま……」内川、半ば惑ひつつもスコアボードを見上げけり
1番:石井琢 2番:波留 3番:鈴木尚 4番:ローズ 5番:駒田 6番:内川 7番:進藤 8番:谷繁 9番:斎藤隆
内川、とばかり、上(うわ)ぐめども、皆がらわきまふるに、既に心に雲一つなかりけり
「勝ちう……勝ちうべし!」
内川、中根よりグラブを受け、グラウンドへ力を盡くし走る
その目に光る涙は口惜しさとは遠きものなりけり……

明けの日、長椅子で冷たくなりぬる内川、見出でられ、吉村と村田、病院にてやはら身罷りにけり


これ

28: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:53:14 ID:21o
>>10
初めて見た すげーなこれ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:15:09 ID:MQd
係り結びがいい加減になる

14: 名無し 2017/03/07(火)09:21:05 ID:eGq
>>12
係り結びって古文って感じでかっこいいのにな
やっぱり面倒くさいのかね
ワイは古文イマイチ読めないからわからんけど

13: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:20:12 ID:WLo
江戸時代のはより現代文に近くなるから読みやすくなるかと思ったら
かえって平安頃の古文より読めなかったりするで

15: 名無し 2017/03/07(火)09:22:36 ID:eGq
>>13
舞姫とか北村透谷のとか読めないンゴねえ…
両方明治やろうけど

17: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:26:40 ID:WLo
>>15
明治は明治で現代文で出ると面倒くさいわな
江戸時代は本居宣長とか、後新井白石とかなかなか読みづらいで

20: 名無し 2017/03/07(火)09:32:47 ID:eGq
>>17
有名人の文章は原文で読みたいけどなかなか…

16: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:26:35 ID:XCU
中世は話し言葉に限りなく近いとされる虎明本狂言、近世は文楽、歌舞伎の台本を主な話し言葉の言語資料にしとると聞いたな

18: 名無し 2017/03/07(火)09:31:55 ID:eGq
>>16
はえーいろいろあるんやね

宮中と庶民とで話し言葉も違ったやろし大変やな

29: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)10:11:18 ID:XCU
>>18
やんごとなきひとと庶民は一生会う機会がないからセーフ

19: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:32:07 ID:MQd
高3の最後の現代文定期試験でサプライズで舞姫出題されてざわついたな

21: 名無し 2017/03/07(火)09:33:40 ID:eGq
>>19
サプライズで舞姫はキツイなあ
ワイの場合は読めない漢字で詰みそう

22: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:33:43 ID:g3t
助詞とか助動詞とかは年代によってまちまちだわな
江戸の方が今に近いからやっぱり読みやすい

24: 名無し 2017/03/07(火)09:39:14 ID:eGq
>>22
今の「ら抜き言葉」的な感じて変わってったのかね

23: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:34:24 ID:oPb
油断すると平気で「ががありん」とか出てきそうなのが江戸時代

25: 名無し 2017/03/07(火)09:39:41 ID:eGq
>>23
それはそれでかっこいい

26: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)09:42:47 ID:90q
平安時代の人が古文とか草
お前らが習われる方やろ

27: 名無し 2017/03/07(火)09:50:09 ID:eGq
>>26
なにいってだ

34: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)10:48:29 ID:We8
古文って公文書はほぼ漢文やからあんまり関係ないやろ

36: 名無し 2017/03/07(火)10:52:26 ID:eGq
>>34
漢文は千年二千年で変わったりしてないのかね

35: 名無しさん@おーぷん 2017/03/07(火)10:49:41 ID:dYw
鎌倉時代とかどうや

37: 名無し 2017/03/07(火)10:55:16 ID:eGq
>>35
鎌倉時代といえば方丈記の最初の方しか知らないけどなんか暗い文章が多そう

38: 名無し 2017/03/07(火)10:56:17 ID:eGq
あ、徒然草も鎌倉時代か
徒然草は凄く面白そうだと思うで